プログラミング

JenkinsのJobでSSHエラーが発生したので調べてみた

Jenkinsのjobでリモートホストのバッチを起動するJobを作成しています。
そのJobからビルド失敗メールが届いたので調査した結果をメモします。

環境は下記の通り。
Jenkins2.6
SSH Plugin2.4

Jobはシンプルに、
・リモートサーバーへSSHでログイン
・シェルをキック
のみです。

続きを読む

DockerでJenkins2.0の環境を構築する方法

DockerでJenkins2.0の環境構築方法をメモします。
Docker自体のインストール方法については下記を参照してください。
Dockerを利用して結合環境を再構築してみた

Jenkins2.0の概要について公式サイトによると、
・Built-in support for delivery pipelines.
・Improved usability.
・Fully backwards compatible.
と記載があります。

そのうち目玉機能は「パイプライン処理の標準機能サポート」のようですね。

Dockerで簡単に環境を作っていろいろと試していきたいと思います。
(今回はJenkinsの導入までですが。。。)

続きを読む

Dockerを利用して結合環境を再構築してみた

Dockerを利用して結合環境を構築しました。
今回の記事はその内容を社内のチームに発表した資料の焼き直しです。
自分的にも初めてDockerを触りながらの実験的な取り組みだったので、
特に技術的に掘り下げた内容ではない点ご了承ください。

続きを読む

GitHub上でCSVファイルを見るときれいにレイアウトされて表示される

GitHubで管理しているCSVファイルをサイト上から見るとテーブルレイアウトで表示されてとても見やすくなります。
また、簡単なフィルター機能もついているのでついでに単語の検索もできてしまうのが地味にうれしい機能です。

自分の場合は、
大量のテストデータのフィクスチャをCSVで管理して実行時にインポートしているプロジェクトがあったりします。
テストも佳境に入ってくるとCSVのボリュームが増えてきて内容の確認が結構大変になります。

そこで、CSVをExcelで開いた時に誤って保存してしまい、
「数値が変わってしまった」「日付のフォーマットが変わってしまった」
なんてことがあったりもしました。

その後も、テストデータの内容確認を行うはずがテストデータ自体を壊してしまうというオペミスが何度かあったので、改善策の一環でCSVを確認する際はGitHub上から確認するという運用ルール(ルールというと大げさですが。。。)にしたところ知らなかった人が多かったので今後のために記事として残します。

続きを読む

FuelPHPでエラー(Oops!)画面をカスタマイズする方法

FuelPHPでは環境によってエラーが発生した際の画面が異なります。

これらのViewは「COREPATH/views/errors」に定義されているので、
Oops画面をカスタマイズする場合は、
「APPPATH/views/errors/production.php」
というファイルを用意して中身を書き換えればOKです。

※ Fuelのcoreクラスの内容のほとんどがAPPPATH配下に同じ階層と同名のファイルを配置することでcoreに手を入れずに処理の上書きが可能です。

続きを読む

Linuxでテストクラス群からアサーション数をカウントする方法

自分が担当しているプロジェクトでは、Jenkinsを利用してPHPUnitの実行結果の管理をしています。
テスト件数やバグ数の推移などがグラフィカルに確認できて大変重宝しています。

そのチャートをながめていて、ふと実際に使われているアサーションの数はどのぐらいだろう?と思ってコマンドを使って調べてみました。

続きを読む

Javascriptで指定桁数を入力したら次のInputへ勝手にフォーカスするアレを実装

カード入力のフォーム画面などで、5桁ぐらいにInputがあってその桁数を入力すると次のInputへ勝手にフォーカスが移ることってありますよね。

個人的にはフォームを操作する際にTabを押してしまう癖があるのでとても使いづらいですが。。。

ただ、一般的には何も操作せずに次の入力が続けられるというのはUX的に便利なのか実装をお願いされるケースがあります。

一度処理を作ってしまえばいくらでも応用できるので簡単なサンプルソースを備忘録がてら残しておきます。

続きを読む

MySQLでクエリの実行結果をCSVでエクスポート

テスト中にデータの確認のためにDBのselect結果を確認する必要があると思います。

その際に、コンソールからselect分を実行して結果をテキストファイルにコピペする作業がとてもめんどくさかったので、
調べたら実行結果をCSVに出力することが可能とのこと。

続きを読む