【FFRK】雷属性キャラクターまとめ

雷属性に強いキャラクターのまとめです。

【注意点】
・基本的に専用武器を保持していることを前提とした抽出になっています。
・各個のダメージ倍率やその他付随の効果はあまり加味していません。

あくまで自分用のメモとして記載しているので参考程度にご利用ください。

必殺技早見表

シリーズ 名称 技名 備考
1 エコー エレメントほいほい(全4)
2 マリア サンダー16(全4)
3 デッシュ 古代の雷閃(全4) まとい
追憶の霹靂(ランダム6) 弱体化、自分の魔力アップ【中】
太古の迅雷(全5) バースト、まとい
L 古の天鼓(単4) 自分の詠唱時間短縮【1】
L 滅私の稲妻(全2) 自分の防御ダウン/魔力アップ【中】
4 エッジ エブラーナ二刀流(単8) 麻痺【高】,スロウ【高】
4 パロム ふたりがけ魔法乱れ撃ち(全8) 魔力ダウン【大】/魔防ダウン【大】
ふたりがけ・雷滅(単8)
トライディザスター(単8) バースト、弱点 or 微弱で10回攻撃
L ボムサンダー(単4) 弱点 or 微弱で魔法詠唱時間を1ターンなし
L アイスサンダー(単4) 弱点 or 微弱で魔法詠唱時間を1ターンなし
4 カイン プライドオブドラグーン(全4) バースト、まとい
L 竜騎士団の雷血(単2) ジャンプを2ターン即時着地
L 誇りの竜剣(単2) 残りの使用回数が少ないアビリティを1回復
ランスオブカイン(単1) オーバーフロー、竜騎士アビリティ発動回数に応じて威力が上がる
4 シド しかける(ランダム5) 弱体
5 ファリス 海竜の暴風(全4)
6 ガウ あばれる:100万ボルト(全4) 3ターン単・遠の雷攻撃を継続
7 レノ タークス光線(全1) 麻痺【中】
トリニティタークス光線(全6) バースト、まとい
L トライコンボ(単1-8) 使用するたびに攻撃回数が増える1-8
L スタンロッド(単4) 行動キャンセル【中】
7 レッドXIII トライン(全1)
7 バレット サテライトビーム(全3) 弱体
8 リノア ヴァリー・豪雷(複数回)
8 サイファー 連帯始末剣(単8) 全体攻撃/魔力アップ【中】、自身の防御ダウン【中】
8 雷神 秘技「雷神飛竜昇」(単8) まとい、バースト
L 雷神爆裂撃(単4-10) 伏虎練気によるチャージ回数により増える【最大6】
8 ラグナ スプリットレーザー(ランダム8) 弱体化、バースト
L ピヨピヨグチの刑(ランダム4) 麻痺【低】、沈黙【低】
L 妖精さんの奇跡(単1) 機工士アビリティの待機時間なし【2】
9 ガーネット 幻獣・ラムウ(全1)
決意の短剣(全3) バースト
L 雷帝の裁き(全2)
9 スタイナー 剣技・雷鳴剣(単1) 防御力ダウン【大】
10 リュック マキナシズム バースト 注) これは雷属性ではない
L ショックストーム(全2) 行動キャンセル【低】
11 シャントット 古代魔法 炎・氷・雷(ラ8) 全体魔力【中】/魔防【小】アップ
ブチ切れ(全6) まとい、バースト
L ブチ切れファイア(単4) 詠唱時間短い
L ブチ切れブリザド(単4) 詠唱時間短い
ディバインマリサン(単11) リミットチェイン、効果:雷属性強化【小】/条件:雷属性攻撃
12 アーシェ 天鼓雷音稲妻斬(全4)
黄昏の裁き(単8) バースト、まとい
L 清浄なる雷光(単4) 自身回復【中】
L 轟きの閃光(全2)
12 フラン 具眼の射手(ラ8) 弱体化
13 ライトニング 絶影(全5)
雷光 まとい、相手へのダメージ無
雷光斬(全8) まとい
天鳴万雷 オーバーフロー、一定時間内に再使用する毎(最大4回)に威力があがる
ストライクボルト(ランダム8) バースト、弱体化
L 紫電(単4) 待機時間短い
L 迅雷(全2) 待機時間短い
T オルランドゥ 雷神(単1) 雷神モード、オーバーフロー、待機時間長い
畏国最強の剣(全6) 待機時間なし、自身の待機時間なし【2】
T ディリータ 英雄王(ランダム8) バースト、クリティカル時にダメージが増える
L 氷雷破(単4) クリティカル時にダメージが増える
T ラファ 天鼓雷音(ランダム8) バースト、全体魔力アップ【中】/魔防アップ【小】
L 天雷の印(単4) クリティカル時にダメージが増える
L 轟天陣(全2) 自分の防御ダウン/魔力アップ【中】
T マラーク 裏天鼓雷音(ランダム8) 魔力ダウン【中】/魔防ダウン【中】
L 迅雷の印(単4) 待機時間短い
L 疾雷陣(全2) 待機時間短い
外伝 レェン ヘンシンカラムウ(単8) 全体へイスト

属性バフ・デバフのキャラクター解説

「まとい」「弱体化」持ちのキャラクターの簡単な解説です。
自分が持っていない(体感していない)部分は印象で語っています。

まとい

デッシュ(おススメ度:☆☆☆)

魔法攻撃タイプでありながら、魔法剣☆3、物理補助☆4、機工士☆5と物理寄りのアビリティが多いキャラクター。
雷属性の「古代の雷閃」は魔法攻撃である。

剣装備可能なのと、必殺技付の武器が剣なので場合によっては前衛もこなせるマルチタレントである。

とはいえ本質は魔法キャラクターなので黒魔法☆5「連続サンダガ」で継続的な属性攻撃が可能。

今後のバースト次第では殿下と張り合うほどの魔法雷キャラに成長することが期待される。

さらにバースト「太古の迅雷」でもまといが発生。
バーストアビリティも2つとも雷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

どちらも持っているならバースト一択であろう。

殿下と比較すると、
バーストアビリティ「古の天鼓」は自身に1ターン詠唱時間短縮効果があるのでDPSがよい。

カイン(おススメ度:☆☆☆)

バースト「プライドオブドラグーン」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも雷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。
どちらも攻撃回数は2回だが、付属効果が優秀。

さらにオーバーフロー「ランスオブカイン」は、
竜騎士アビリティ発動回数に応じて威力があがるので、
バーストによる一連の攻撃が終わった後にとどめの一撃でさらにダメージアップが可能。

下記のような運用で雷属性の永久機関が完成する
バースト

竜騎士団の雷血

竜騎士☆5「ライトニングダイブ」

誇りの竜剣

竜騎士☆5「ライトニングダイブ」

誇りの竜剣

竜騎士団の雷血

以下ループ

最後に「ランスオブカイン」

はまるとカインだけでアタッカー2人分の働きができそうな感じであり、
今のところ雷属性の物理キャラ最強かと思われる。

ちなみにこれだけの高火力が期待できるキャラだがマルチプレイでは後述のアーシェ(殿下)の方が圧倒的に出現率が高い。。。

レノ(おススメ度:☆)

バースト「トリニティタークス光線」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも雷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。
どちらも単体攻撃だが「スタンロッド」は行動キャンセル【中】が付くので属性付の物理スピード☆4「断動」だと思えば悪くない。

注意点として、
攻撃系のバーストなのでレノ自身は黒魔法☆5「連続サンダガ」を装備できるが、
魔力の値に気を配らないとダメージソースとしての期待度は低い。

レノ自身が魔法キャラから物理キャラへのクラスチェンジと扱いが微妙なところ。
増設されたアビリティ枠も物理スピードや機工士なので運用方法を考えないと永遠のベンチ要因となってしまう点が痛い。

雷神(おススメ度:☆)

バースト「秘技「雷神飛竜昇」」でまといが発生するのが魅力。

ただし、属性が乗るのがバーストアビリティ「雷神爆裂撃」のみな点が注意が必要。
バーストアビリティ「伏虎練気」でチャージ状態を段階アップすることで最大10回攻撃が可能となる。
が、、、攻撃に特化させたい場合はチャージするよりもひたすら「雷神爆裂撃」を打ってたほうがDPSはよさそう。

とはいえ、「伏虎練気」は味方単体をHP割合回復【中】なので、
回復しつつ次の攻撃で回数1回分上乗せすると思えば悪くはない。

なにより残念なのが、雷神の名前を冠しているが通常のアビリティで有効な雷属性攻撃がないという点である。

アーシェ(おススメ度:☆☆☆)

バースト「黄昏の裁き」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも雷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

特に「清浄なる雷光」は4回攻撃後に自身のHP回復効果があるのが地味にGood。

バースト後も、黒魔法や召喚魔法にて多段攻撃ができるので魔法系雷属性キャラの中では安定して運用ができる。

シャントット(おススメ度:☆☆☆)

バースト「ブチ切れ」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも雷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

まとい自体は雷属性であるが、炎・氷の複合属性な点もGood。
雷弱点だけでなく炎・氷での運用も遜色ない。

バースト後も、黒魔法にて多段攻撃ができるので魔法系雷属性キャラの中でもアーシェとならんで安定して運用ができる。

できることは氷属性まといのルールーとほぼ同じ。

新機軸の必殺技リミットチェインが追加された。

「ディバインマリサン」は雷属性強化とチェインということで、
自身のバーストととても相性がいい。

また新規に追加された魔女アビリティのカテゴリは、
チェインを伸ばしやすい仕様になっている。

チェインは攻撃回数で倍率があがっていくので、
自身の魔法詠唱時間を1ターン短縮する魔女☆4「ファストサンダー」や、
待機時間が長い6回攻撃の魔女☆5「ヘルサンダー」などの利用シーンが想定される。
(ただし現時点ではあまりマルチで見かけない)

ちなみにチェインを前提としなければ、
黒魔法☆5「連続サンダガ」のほうがダメージは通るきがする。

ライトニング(おススメ度:☆☆☆)


何よりまといが発生する「雷光」が与ダメ0なのが何とも言えず失策である。
確かに「絶影」がガチャで出た当初はあまりの威力に「雷 = ライトニングさん」の印象があるが、
各シリーズ各属性が充実してきた昨今においてまといがまといのみな点が本当に残念である。
おそらくオーバーフローは雷属性で来ると思うので一発逆転が大いに期待される。

前評価を完全になかったことにするテコ入れが行われた。

「雷光斬」による攻撃 + まといの必殺技の追加と雷属性のオーバーフローの実装。
これにより、カインと並んで攻撃系雷属性キャラの上位に君臨することとなった。
(ただしバーストは属性がのらないので継続ダメージという点では若干マイナス)

オーバーフローは「一定時間内に使用する毎(最大4回)に威力が上がる」とのことなので、
エンアスでゲージをためつつほかのキャラに物理補助☆4「いかり」、物理補助☆5「たくす」あたりを持たせれば連発も可能。

レコードダイブで育てれば魔法剣☆5「連続魔法剣・雷鳴」も装備可能になるので、
ライトニングさんを最強にしたい方は是非ダイブしてほしい。

弱体化

デッシュ(おススメ度:☆☆☆)

超必殺技「追憶の霹靂」で弱体化が発生。
さらに追加効果で自身の魔力アップ【中】がつくので、前述のまといと合わせてダメージアップの期待できる。

さらに、まといが発生するのがバーストなので必殺ゲージの無駄がない。

雷属性が弱点ではない敵に対しても優位に立ちまわることができる。

バレット(おススメ度:☆)

人気のFF7シリーズにあって比較的不遇なキャラ。
現段階で雷属性弱体化をもっている唯一のキャラであることがイデオロギーと言っても過言ではない。

そもそも物理補助系のキャラクターなので属性の恩恵を受けにくい部分も拍車をかけて、
とても扱いずらいのが率直な感想である。

シド(おススメ度:☆)

追加時期がかなり後期になったシリーズ4のシドは数少ない弱体化キャラの2番手に名乗りを上げた。
とはいえバレットと同じくセット可能アビリティが属性向きでないため単体での活用がとても難しい。

シリーズ4であればカインとセットでどうぞという感じ。

ラグナ(おススメ度:☆☆☆)

バースト「スプリットレーザー」で弱体化可能。
バーストアビリティも2つとも雷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

バーストアビリティ「妖精さんの奇跡」は機工士アビリティの待機時間が2ターンなしになるので、
雷属性攻撃の機工士☆5「テンペストススナイプ」と相性が良い。

ラグナ自身は、機工士以外で使い勝手があまり良くないため、
属性攻撃という点ではあまり生かし切れない部分があるのが難点。

超必殺技「妖精さんが来た」は味方全体の攻撃力アップ【大】なのでそちらを使うのも一つの手かと。

フラン(おススメ度:☆☆)

雷属性の弱体化枠は大体同じ。
現時点では、属性は乗らないがデバフバーストを持っているのでほかの二人よりは使い勝手がよさそう。
とはいえセット可能アビリティが属性向きでないため単体での活用がとても難しい。

シリーズ12であればアーシェとセットでどうぞという感じ。

ライトニング(おススメ度:☆☆☆)

バースト「ストライクボルト」で弱体化可能。
バーストアビリティともに属性付きで待機時間が短い攻撃なのでDPSの点で非常に秀逸。

前述のまといと合わせてダメージアップの期待できる。
また、オーバーフロー前の下準備にも使える。

使いやすさという点では、
雷属性の弱体化キャラという点ではもはやほかのメンバーとは天地の差。


▼ 俺選FF Record Keeper攻略情報まとめ

FFRK TOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る