【FFRK】地属性キャラクターまとめ

地属性に強いキャラクターのまとめです。

【注意点】
・基本的に専用武器を保持していることを前提とした抽出になっています。
・各個のダメージ倍率やその他付随の効果はあまり加味していません。

あくまで自分用のメモとして記載しているので参考程度にご利用ください。

必殺技早見表

シリーズ 名称 技名 備考
2 マリア サンダー16(単8) バースト、まとい
L ブレイク(単6) 自身の魔力が高いほど攻撃回数が増える
L 太陽の炎(全2) 防御ダウン/魔力アップ【中】
ばくは32(単1) オーバーフロー
2 ガイ だいちのドラム(全4) 弱体
3 イングズ 忠誠のエスパーダ(全4) バースト、まとい、自身の攻撃アップ【中】/防御アップ【小】
L 騎士の妙技(単2) 物理・魔法ひきつけ、防御アップ【特大】
L サスーンの秘伝(単2) かまえる
ティターンブレード(単8) 攻撃/魔力ダウン【大】
4 リディア 悲痛なる少女の叫び(全5) バースト、まとい
L 大地の一撃(単4)
L 大地の咆哮(全2)
幻獣召喚・絆(単1) オーバーフロー
4 ヤン 爆裂霊山脚(全6) 弱体
七星地天掌(単7) まとい、バースト
L 崩岩連打(単4) 猛進モードで5回攻撃
L 爆進連撃(単4) 自身に猛進モード(待機時間短縮、自身の防御ダウン/魔防ダウン【大】)
5 バッツ クリスタルの導き(単1) オーバーフロー
4色の輝き バースト 注) これは地属性ではない
L 魔法剣みだれうち 爆(単4)
6 モグ 大地のブルース(全6) 攻撃ダウン【大】/防御ダウン【大】
7 ティファ メテオクラッシャー(単8) バースト、まとい
L エルボースマッシュ(単4)
L ファルコンダイブ(全2)
メテオストライク(単1) オーバーフロー
メテオドライヴ(単10) 超絶、ヘイスガ、ダメージ反射バリア付与、リジェネ【大】
7 ユフィ 抜山蓋世(全3) スロウ【中】
7 ザックス メテオショット(ラ8)
8 リノア ヴァリー・烈震(全2) スロウ【高】
G.F.ブラザーズ(全3) まとい
ヴァ―リー・流星(単1) オーバーフロー
魔女の覚醒(全8) バースト
L 真の魔法・崩岩(単4)
アンジェロストライク(全5) まとい
10 パイン ダンシングソード(ラ7) 全体へイスト
グランドストーム(全6) バースト、魔法剣アビリティの使用回数に応じて威力アップ
L アクアグランド(単4)
13 ホープ アースクエイク(全1) 防御ダウン【大】
聖なる審判 バースト 注) これは地属性ではない
L 金剛掌(単4)
14 イダ 連撃正拳破砕拳(全4) 相手の防御/魔防ダウン【大】、自身の攻撃アップ【中】/防御アップ【小】
J デシ 真・断撃のグリモア(全3)

属性バフ・デバフのキャラクター解説

「まとい」「弱体化」持ちのキャラクターの簡単な解説です。
自分が持っていない(体感していない)部分は印象で語っています。

まとい

マリア(おススメ度:☆☆☆)

マルチプレイでの出現率が高め。

バースト「サンダー16」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも地属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

特にバーストアビリティの「ブレイク」は魔力が高いほど攻撃回数が増えるということで、
味方のバフ効果があれば連続して一人カンストプレイが可能。
地属性の魔法系キャラクターであれば後述のリノアを押さえてNo,1を誇る高火力キャラである。

バーストが切れた後も黒魔法☆5「連続ストンガ」、黒魔法☆6「メルトン」でアビリティによる追撃が可能なため、
地属性弱点の相手に対して無類の強さを発揮する。

さらにオーバーフローの追加で地属性においてはマリア1強の状況は不動のものになった。

イングズ(おススメ度:☆☆)

バースト「忠誠のエスパーダ」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも地属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

バーストが切れた後は、ナイト☆5ガイアクロスで多段攻撃が可能なので火力の継続が可能。

ナイトキャラだけあってアビリティで「ひきつけ」と「かまえる」が可能な点で使い勝手がよい。
パーティーに一人いると相手の単体攻撃を一手に引き受けてくれるため安定した戦いが期待できる。

リディア(おススメ度:☆☆☆)

バースト「悲痛なる少女の叫び」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも地属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

マリアと同様に、黒魔法☆5「連続ストンガ」、黒魔法☆6「メルトン」でアビリティによる追撃が可能。
また、召喚魔法も装備できるので黒魔法オンリーのキャラとアビリティの取り合いをしなくて済む点もGood。
(ただし、地属性の召喚魔法☆5「タイタン」はちょっと精錬が大変なのでどれを優先するかはプレイヤー次第。)

オーバーフローが「聖」「水」「地」の複合属性のためどれかの弱点を突ければかなりダメージを稼げる。
地属性まといがバーストなので、最初にバーストを放ってからのオーバーフローとしたほうがよさそう。

ヤン(おススメ度:☆☆☆)

バースト「七星地天掌」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも地属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

地属性アビリティのモンク☆5「メテオクラッシュ」は攻撃力アップ【大】効果もあるのでこちらも安定した火力が期待できる。

バーストアビリティ「爆進連撃」の猛進モードは、
・自身の防御力ダウン大
・自身の魔防ダウン大
・待機時間短縮
の効果があり、
一方の「崩岩連打」の攻撃回数が4から5回になる。

防御のデバフ効果は痛いが、
それを補ってのメリットがあると思われる。
デバフ効果も、ほかのバフ必殺技とタイミングを合わせればそこまで気にならないレベルかと。

猛進モードのおかげでティファに比べるとDPSがよいとおもわれる。

ティファ(おススメ度:☆☆☆)

バースト「メテオクラッシャー」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも地属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

地属性アビリティのモンク☆5「メテオクラッシュ」は攻撃力アップ【大】効果もあるのでこちらも安定した火力が期待できる。

物理系のイングズとはキャラロールが違うため装備やアビリティの取り合いがなく共存も可能。

さらにオーバーフロー「メテオストライク」の追加で一撃必殺を狙えるようになった。

超絶必殺技「メテオドライヴ」は10回攻撃に加えて、
・ヘイスガ
・ダメージ反射バリア付与
・リジェネ【大】
の追加効果がある。

オーバーフローか超絶なら超絶一択であろう。

悲しいのが、
ほかのキャラにも共通することだが地属性が弱点の敵が少ない点であろう。
しかし、同時に耐性がある敵も少ないのでほかの軽減される機会が多い属性よりも使い勝手はよいと思われる。

リノア(おススメ度:☆☆☆)

「G.F.ブラザーズ」と「アンジェロストライク」でまといが発生する。
「アンジェロストライク」のほうが超必殺技なのでどちらも持っているなら後者のほうをおすすめする。

バースト自体はまといが発生しないがバーストアビリティ「真の魔法・崩岩」で地属性攻撃が可能。
さらにオーバーフロー「ヴァ―リー・流星」で一撃必殺も可能なため、地属性における瞬間最大風速はかなり高い。

さらに黒魔法☆5「連続ストンガ」、黒魔法☆6「メルトン」や召喚魔法☆4「でぶチョコボ」、召喚魔法☆5「タイタン」で追撃可能。

全ての必殺技が使える場合は、オーバーフローかバーストか迷いどころ。
とりあえず「G.F.ブラザーズ」か「アンジェロ死とライク」でまとってから必殺ゲージがたまるまでの戦局を見て、
バースト or オーバーフローのどちらかを選択する贅沢な悩みが発生する。

弱体化

ガイ(おススメ度:☆☆)

「だいちのドラム」による弱体化が可能。
また、地属性アビリティのモンク☆5「メテオクラッシュ」で継続した属性攻撃ができる。

一応レコードダイブで育てると、
・地属性のダメージ3%アップ
が習得できるので後述のヤンよりかは使えそうなイメージ。

とはいえ2ではマリアというチートキャラがいるので地味感はいなめない。

ヤン(おススメ度:☆☆)

「爆裂霊山脚」による弱体化が可能。
また、地属性アビリティのモンク☆5「メテオクラッシュ」で継続した属性攻撃ができる。

モンク以外の装備できるアビリティに差はあれどできることはほぼガイと一緒。

バーストにまとい効果があるので、事前に打っておくと弱点を突いた効率的な攻撃ができる。

とはいえ地属性キャラを連れて行くケースは敵に弱点があることが多いので、
どちらも持っているのであれば素直にバーストを選択するのが吉。


▼ 俺選FF Record Keeper攻略情報まとめ

FFRK TOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る