【FFRK】氷属性キャラクターまとめ

氷属性に強いキャラクターのまとめです。

【注意点】
・基本的に専用武器を保持していることを前提とした抽出になっています。
・各個のダメージ倍率やその他付随の効果はあまり加味していません。

あくまで自分用のメモとして記載しているので参考程度にご利用ください。

必殺技早見表

シリーズ 名称 技名 備考
2 ヨーゼフ 雪崩(全3) 全体攻撃力アップ【大】
決死の雪原(全4) 全体割合回復【中】
雪上船(全6) ヘイスガ
4 パロム トライディザスター(単8) バースト、弱点 or 微弱で10回攻撃
L アイスサンダー(単4) 弱点 or 微弱で魔法詠唱時間を1ターンなし
6 セリス マリアの歌 バースト 注) これは氷属性ではない
 L 哀と静寂の剣(単4)
6 セリス マリアの歌 バースト 注) これは氷属性ではない
 L 哀と静寂の剣(単4)
8 リノア 魔女の覚醒(全8) バースト
L 真の魔法・氷滅(単4)
8 イデア 冷徹なる一撃(全6)
メイルシュトローム(単8) バースト
L 呪氷連撃(単3-6) 魔力が高いほど攻撃回数が増える
L アストラル・フォース(全2) 自身の防御ダウン/魔力アップ【中】
8 ラグナ リミット・氷結弾(全7) 弱体化
8 スコール ブラスティング・ゼロ(単1) オーバーフロー
魔法連撃(単5) まとい
冷刃(単8) まとい、バースト
L ドロー&ジャンクション(単2) 自身にジャンクション状態【3段階】
L レーヴェ・ロアー(単4-7) ジャンクション状態に応じて攻撃回数+1
10 ルールー ぬいぐるみ大行進(ラ8)
氷の微笑(全4) まとい
トライテンプテーション(単10) バースト
L 氷結ファイア(単4)
L 氷結ウォータ(単4)
11 シャントット 古代魔法 炎・氷・雷(ラ8) 全体魔力アップ【中】/魔防アップ【小】
ブチ切れ(全6) バースト
L ブチ切れブリザド(単4) 詠唱時間短い
11 アヤメ 明鏡止水・雪月花(単8) バースト、まとい、自身の攻撃アップ【中】/魔防アップ【小】
L 刀極技・凍牙(単4)
L 刀極技・氷龍(全2) 自身の攻撃アップ【中】/防御ダウン
13 スノウ ダイヤモンドダスト(全4) 全体防御アップ【中】/魔防アップ【小】
挑戦状(単3) 自身の防御アップ【特大】、物理・魔法ひきつけ
フロストブロウ(単1)
テンションあげあげ(単8) バースト、味方全員生存で威力アップ、踏みとどまる
L リベンジフロスト(単4) 残りHPの割合が低いほど威力があがる
L アイシクルチャージ(単3) 自身の攻撃アップ【中】/防御アップ【小】
13 セラ 凍てつく月夜の矢(単8) バースト、まとい
L アイシクルフラッド(単4)
L ブリザードストーム(全2)
14 パパリモ エノキアンブリザジャ(ラ5) まとい
T ディリータ 英雄王(ランダム8) バースト、クリティカル時にダメージが増える
L 氷雷破(単4) クリティカル時にダメージが増える
外伝 レェン 属性ハーモニクス・氷(全6) まとい、バースト
L グレイシャーアロー(単4) 弱点・微弱で威力アップ
L ビッグフローズン(全2) 自身を割合HP回復【小】

属性バフ・デバフのキャラクター解説

「まとい」「弱体化」持ちのキャラクターの簡単な解説です。
自分が持っていない(体感していない)部分は印象で語っています。

まとい

スコール(おススメ度:☆☆☆)

「魔法連撃」でまといが発生する。
また、バースト「冷刃」でもまといが発生。
バーストアビリティも2つとも氷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。
そこからオーバーフロー「ブラスティング・ゼロ」につなげるのがある種の様式美。

魔法剣☆6「二刀魔法剣・吹雪」は精錬難易度的に厳しめなので、
やはり主流は魔法剣☆4「ブリザガ剣」となってしまう。

バーストアビリティ「レーヴェ・ロアー」は、
もう一方の「ドロー&ジャンクション」により攻撃回数の底上げが可能。

8シリーズ特有のドローとジャンクションが追加されたのが地味にうれしい。
ほかのキャラにもぜひ追加してほしいことろ。

またバーストも氷が絡んでこないためまとい状態の通常時の運用が若干心もとないのが残念なところ。

イデア(おススメ度:☆☆☆)

バースト「メイルシュトローム」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも氷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

バーストアビリティ「呪氷連撃」は魔力が高いほど攻撃回数が増えるので、
まとい効果も考慮すると毎ターン専用必殺級の威力が期待できる。

バーストが切れた後も、
黒魔法☆5「連続ブリザガ」で連撃が可能なので運用しやすい。
後述のルールーと比較すると、
イデア:闇
ルールー:水・炎
と役割分担もしっかりしているので氷弱点だけでない場合は共存しやすい。

ルールー(おススメ度:☆☆)

「氷の微笑」でまといが発生。

黒魔法オンリーキャラなので追撃が黒魔法☆5「連続ブリザガ」のみな点が若干心もとないが、
「ぬいぐるみ大行進」はランダム8回攻撃なので単体の敵に対してはそこそこのダメージが期待できる。

バースト「トライテンプテーション」は単体10回攻撃というなかなかの高火力。
バーストアビリティも2つとも氷属性が付くので氷に特化したキャラとしてとても戦力になる。

「氷の微笑」と「トライテンプテーション」のセットで運用できれば、
単体の敵に対して8 + 10 = 18回の攻撃を行うことができる。

攻撃回数や魔力という点で黒魔法キャラの中ではTOPを争う存在となった。
(バーストはほかに炎・水も付随するので汎用的に使える点もGood!)

アヤメ(おススメ度:☆☆☆)

バースト「明鏡止水・雪月花」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも氷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

魔法剣☆5と侍☆5が装備できるためアビリティによる追撃パターンとして、
魔法剣☆6「二刀魔法剣・吹雪」や侍☆5「氷雨」による多段攻撃が可能。

スコールのように一撃の火力は低いが氷属性による攻撃を継続的に行えるため非常に使い勝手がいいキャラクター。

セラ(おススメ度:☆☆☆)

バースト「凍てつく月夜の矢」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも氷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

バーストが切れた後も黒魔法☆5「連続ブリザガ」による追撃が可能。

レコードダイブで育てると、
・黒魔法ダメージアップ6%
・氷属性ダメージアップ3%
と火力の底上げもできるので氷が弱点の敵に対してスタメンの座は堅い。

パパリモ(おススメ度:☆☆)

「エノキアンブリザジャ」でまといが発生。
そこから黒魔法☆5「連続ブリザガ」で追撃が可能。

現状はレコードダイブ、バースト共に解放されていないため今後に期待。

残念ながらバーストは炎属性なので氷特化キャラとはならず。
とはいえ複数属性のまといがあるのは珍しいのでバーストがないが、汎用的に使えるキャラとしては秀逸。

レェン(おススメ度:☆☆☆)

バースト「属性ハーモニクス・氷」でまといが発生するのが魅力。
バーストアビリティも2つとも氷属性が付くので大きなダメージソースとして期待できる。

バーストが切れた後も黒魔法☆5「連続ブリザガ」や召喚魔法☆4「ノエル」や☆6「ヴァリガルマンダ」による属性攻撃が可能。

氷属性は層が薄いので、
今後も外伝シリーズが増えてくることを考えると
セラやイデア・ルールーがいなければ十分にスタメンの可能性はある。

弱体化

ラグナ(おススメ度:☆☆)

「リミット・氷結弾」による弱体化が可能。
氷属性弱体化をもっている唯一のキャラクター。

装備できるアビリティに属性が乗るものがほとんどないため弱体化の恩恵を受けずらい。
8シリーズの中でも屈指の器用貧乏である
同シリーズには氷属性の必殺技を持っているキャラクターが多いのでサポートに徹するのが吉。
特にスコールはオーバーフローがあるので弱体化⇒オーバーフローのコンビプレイが期待できる。

どちらかといえば「妖精さんが来た」による全体攻撃力アップ【大】のほうが使い勝手がよさそう。


▼ 俺選FF Record Keeper攻略情報まとめ

FFRK TOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る