Redisのキーへのexpire設定を調べていたのでメモとして残します。

基本的にキーに対してexpireコマンドにて有効期限を設定します。
有効期限の確認はttlコマンドにて行います。
キーが生存中であればexpireの上書きが可能です。(バージョン2.1.3以降)
Stringのset時にexpireを設定してその値を更新するとexpireが消えるので注意が必要です。

続きを読む